So-net無料ブログ作成

寂しん坊のある日 [短編]

 今日も朝から蝉の声がやかましい上に、お日様ぎらぎら。
うんざりと窓の外を眺めつつ房江は今日こそ病院に行こうと思っていた。
 どこと言って悪いところもないのに、全身倦怠感とふわふわ感で心もとない気持ち。
 
 じっと考えてみるのに、これはもしかして鬱ではなかろうか。
 
 後期高齢者で一人暮らしももう長い。
 自分のことだけ考えていたらいいのだし、友達もいるし趣味もあるし、退屈をすることもない。
 他人様からみれば気楽なばあさんなのだ。
 ただ、退屈しないことと寂しいことは全く別物だと房江はこの頃やっと気がついた。

 近所の少し年上の初枝さんの姿が見えないなあと思っていたら、昨日見かけたので
「初枝さんどこかへおでかけでしたか」
 と聞くとくっくっと笑って
「私入院してたのよ。そこの脳神経外科へ」
「えっ脳神経外科?」
「昨年倒れて入院してから、しんどくなったら入院させてもらうのよ。子供も楽だし私も安心
でしょう。入ったら一か月くらいはいて、時々帰って来るの」
 
 房江さんはいいなあと、自分もそうしたいと真剣に考えた。でも元気な彼女にはかかりつけ病院
というものがない。
 どこも悪くなくてもしんどい時入院出来れば安心だろうと。
  
 そんな思いもあって、午後思い切ってその病院へ近くだけどタクシーで行った。
 
 なかなか感じのいい病院で、待合室でみていると、血圧の薬を貰う人。点滴しに来る人。子供の患者もいる。どうも脳の病気の人ばかりではなさそうと、房江は少し気が楽になった。
 すぐに呼ばれて診察室へ。優しそうな白髪まじりの先生が
「どうされましたか。」と落ち着いた声で聞かれる。
 「どこと言って悪い所はないようなのに、とにかくしんどくてふわふわします。食欲もあるし
夜もそこそこ眠れます。年のせいでしょうか。」
先生はじっと房江の顔を見ながら
「しんどいのなら点滴しますか。」
「いえ点滴はこわいのでしたくありません。」
先生は呆れた顔で房江を見たような気がした。
「夏バテでしょうか。一人で寂しいので鬱ではないかと」

 嫌な我儘な患者だと思っているだろうに、先生の目は優しいのが房江には怖かった。
貴女は何しに来たのかという顔で先生は
「せっかく来たのだから脳の検査しますか」
ああ点滴より怖いよ。でももう嫌だという勇気は房江にはなかった。
 МRi検査室もCT検査室も使用中の札がかかっていて何だかほっとした房江は別の部屋へ。
「五分くらいで終わりますから」
嬉しい看護師さんの言葉。本当に暗い所へ入ることもなく、じっと寝ていただけ。
 
終わるとすぐ先生の診察結果を聞くことに。先生は脳の画像を見ながら
「異常ないですね。詰まったところも切れたところもありません。まあしんどかったら
いつでも点滴しにおいでなさい。元気でますよ。」
「有難うございます。何だか病気治った気がします。」

 房江は本当にそう思った。
いつか点滴しに来て先生と仲良くなり初枝さんのように、しんどい時は入院させて頂こう。

 帰りはすっかり元気が出て、少し暑かったけれど鼻歌を歌いながら歩いて帰った。

 多分夏バテと寂しん坊の軽~い鬱。房江は自分の診断に十分満足していた。

 これからはもっと自分の健康に自信をもって楽しい毎日にしょうと決意した。
胸の中には安堵感のようなものが、すこしづつ広がって行った。

 夜になり涼しい風が吹いて、秋の気配を感じるベランダで、房江は十六夜の月を飽かず眺めた。

 

nice!(4)  コメント(2) 

nice! 4

コメント 2

リンさん

房江さん、私の母みたいです。
具合が悪い、鬱っぽいと言いながら、全く異常なし。
房江さんは元気になれてよかったですね。

by リンさん (2019-08-30 19:20) 

dan

有難うございます。
年とるとみなさん同じ症状みたいですね。
これはその年にならないと分からないことですね。
by dan (2019-08-30 21:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。